町を歩き、うつわとであう「大磯うつわの日」

神奈川県西部に位置する「大磯町」。

江戸時代は東海道の宿場町として栄え、明治以降は伊藤博文、吉田茂をはじめとした首相の邸宅、要人の別荘が多く建てられました。穏やかな雰囲気の小さな町には、この土地を愛し、芸術・文化を愛し、自分たちなりの審美眼を持って暮らす人たちがいます。

「大磯うつわの日」は、町内各地のお店や施設を会場として、地元の作家が中心となり、うつわを展示販売するイベントです。昨年は49会場が参加し、陶芸や木工、ガラスなど様々なジャンルの出展や、北欧食器などを取り扱う会場もありました。ワークショップやお茶席等、参加型のイベントも行われ、賑わいました。

2018年は、「もてなしのうつわ」がテーマです。

「もてなし」の場面も十人十色。あなただけの「もてなしのうつわ」がきっとみつかる三日間。素敵なうつわ・人との出合いをご用意して、あなたを「おもてなし」する三日間です。

 

 

 

 

Oiso Utsuwa Days

Take a walk through the town of Oiso and find your special Utsuwa (dishes, plates, bowls, vase, etc.)

Oiso is located in the west of Kanagawa prefecture and flourished as a post station on the Tokaido road during the Edo period. After the Meiji era, many prime minister's second homes (including Hirobumi Ito and Shigeru Yoshida) were built in Oiso. These are some of the many people, who with an eye for beautiful things, love the nature, art and culture of Oiso.

Oiso Utsuwa Days is an event mainly featuring local artists, shops and galleries who exhibit and sell there ceramics, glass, and woodcraft. Last year 49 exhibitors joined the event along with work shops and tea ceremonies.

The 2018 theme is "Motenashi" which means "Japanese hospitality".

 

Come to Oiso and enjoy Oiso Utsuwa Days!